無線リモコンやオイルスキマーで効率UP【機械の便利利用術】

工場

活躍している素材

エラストマーは弾性が優れているゴム状背の高分子物質のことを言います。一般的にゴムと言われているのが熱可塑性エラストマーで、合成ゴムと熱可塑性樹脂を埋めることができる材料になっています。加熱すると簡単に熱可塑性樹脂と同じ成形加工を行なうことができることが特徴です。また、常温であるとゴムのように伸び縮みします。エラストマーには、いろいろな種類があるので様々な使い方があります。使われる素材によって特性が違ってきます。スチレン系素材のエラストマーになると原価が安く普及が進んでいます。また材質の特徴として柔軟で伸びやすく、軽量という特徴を持っています。これらはペンのグリップで使われていることが多くあります。他にも自動車の内装材やグリップ、チューブなどで使われています。オレフィン系素材では、耐熱性が優れており、架橋タイプがあります。これらは、自動車部品であるバンパーやダクトホースに使われており、電化製品の炊飯器パッキンや洗濯機排水ホースでも使われています。さらにスポーツ用品であるダイビングマスクやシュノーケルなどにも使われています。

他にもいろいろな種類、用途があるので、エラストマーを利用するときには、各素材の特性や用途を確認するといいでしょう。医療機器や電気製品、自動車、スポーツ用品などの幅広い分野で活躍している素材がエラストマーです。エラストマーを生産している業者では、企業が求めている用途に応じた生成を行なうことが可能です。高品質で低コストであるエラストマーの成形や加工を依頼しましょう。